Windows11のアップグレード対象かどうか

7月 4, 2021

いつものようにひとり情シスとして仕事中、ふと飛んできたメルマガに目をやると
「今後の対策としてWindows11に対応が必要」という見出しを見つけて思わず Σ(゚Д゚;エーッ!
と叫びました。

2021/6/29 今現在チェックツールは削除されています

マイクロソフトの正式ホームページ以外に置いてある無料アップグレード対象チェックツールは使わないように(6/29現在)
私のようなシステム担当者は、この手のニュースはビクビクします。「無料の間にアップグレードしなさい」と経営者から簡単に言われるから。

当然、全てのパソコンがアップグレード可能なのではなく、無料アップグレード対象かどうかを調べるツールが6月初旬にMicrosoftから出されています。でもまだ時期早々だったようで6/29現在はMS正式ホームページからリンクが削除されています。
そのツールを親切にもダウンロード出来るようにしているサイトがあるので、私の様にショックを受ける方が出ないようにと思いブログに書きます。

Windows10は最後のOSじゃなかったのか?

最初はメルマガのEasyミスなんでしょ?
だって「Windows10が最後のOSだと謳ってたやん」と思って調べていくと
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11#pchealthcheck
・セキュリティの向上
・アプリストアの強化 etc.
により “もう今までと区別するためにはOSのメジャーバージョン上げるしかない" みたいになったようです。
相変わらずMSさん自己中ですよね。

チェックツール

更に調べていると例年の様に無料アップグレードが出来るとMicrosoftのサイトにありました。
でで、自分の6年落ちのDynabookは対象となるのかな?と名の知れたサイトに上がっていたチェックツールを使い実行してみると

PC正常性チェックツール
PC正常性チェックツール

このような結果に・・・

世の中厳しいよね・・・と思って色々なサイトで情報を集めていると、6月初旬にツールを公開したら色々な人が試してSNSなどに上げたらしく多くの方のパソコンで「このPCではWindows11を実行できません」が出たようで、マイクロソフトがツールを取り下げたという事でした (´▽`) ホッ
おそらく、もう少し緩い条件にするのだろうと思います。軽く様子見してみたってところですかね。
なので、6/29今現在ダウンロード出来るチェックツールは古いモノです。使わない様にしてくださいね。

私の様にひとり情シスの方はビクビクしながら調べないといけないので同じような方が引っ掛からない様にブログに書き込みます。皆さま、無駄な時間を過ごさぬようお気を付けください。