Windows11 PC正常性チェックアプリ その2

さぁ、やっと正式版が再々リリースされたようですが、いざダウンロードして実行したところエラーが出て使えなかったのであきらめて「WhyNotWin11」を使いました という案内です。

ActiveDirectoryや、グループポリシー等を設定されていない方はそのままチェック出来ると思いますがエラーが出てしまった人には何の役にも立たないサイトなのでご了承ください。

やってみみたこと

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11

上記サイトからmsiファイルをダウンロードして実行してみます。

エラー発生

と順調に進めていると、こんなエラー発生。

う”・・・
またしてもすんなりいかないとは、さすがマイクロソフト様です。
とにかく手間をかけさせてくれます。

ネット上の先人たちは、「ActiveDirectory配下に置かれている場合は勝手に出来ないので、抜けて下さい」というアドバイスを多く見かけます。が私の職場はそんな高級なモノが無いのでグループポリシーを各PCに設定してWindowsUpdateを遅らせて更新するように制御をかけています。

その辺りを変えてやればチェック出来るようになるのかな?と思って、いじってみました。

グループポリシーをいじってみる

グループポリシーの編集で「自動更新を構成する」の中で「4自動ダウンロードしインストール日時を設定」を「5ローカルの管理者の設定選択を許可」にしてみましたが、変わらず。

こうなったら最後の手段だということで自動更新をデフォルトに戻してやりました。
やりたくなかったけど、自動更新自体を未構成に設定してみたのですが・・・変わらず。

マイクロソフトアカウントで一旦入ればいける?

マイクロソフトアカウントでログインしていれば出来るという情報を得たので確認してみたが変わらず。

もう諦めて「WhyNotWin11」を使っていく事に決めました!

というか、8月に公開した時は普通にチェック出来てたやん!アップグレードが可能かどうかチェックを行うツールなのであれば、直接Windows Updateとは関係ないツールなのになぜ無理に絡めてくるんだ!!!

ひとり情シスを困らせないでくれ、マイクロソフトよ・・・