Window11を使ってみて思った事

Windows11にアップグレード

マイクロソフトのサイトから見えること

会社PCはほぼ全てWindows10なので、Windows11にした場合に社内の基幹システムや独自に入れているアプリ等が問題無く動作するのかどうか調べる必要があり、マイクロソフトのサイトでアップグレードへのリンクを一生懸命探しました。

これがマイクロソフトのサイトです。
作り込まれた綺麗な動画が出てきたりして、新しいOSが出たという事は判るんです。

で、スクロールして行くと、新OSを搭載したパソコンはこちらで購入出来るという購入サイトへのリンクがあり

リンクをクリックすると、生産終了したモデルに旧OS(Windows10)が入ったパソコンを販売するサイトへのリンクがあって

更にスクロールすると、ここまで来ます。
「入手方法 詳細を見る」とあるのでクリックすると・・・

要件チェックツールで確認が出来たら、いかにも直ぐにWindowsUpdateでアップグレード出来そうな記事なのですが、実際にWindowsUpdateをやってもWindows10のまま「最新です」とか言われます。

この本文の中をよーく見てみると、めっちゃ小さい「1」の注意書きがあります。
これをクリックして、飛んだ先を見てみると

見えますか?この極小サイズの注意書きw

このように書かれています。

Windows 11 のアップグレードは、2021 年後半から 2022 年にかけて、対象となるデバイスに提供されます。時期はデバイスにより異なります。特定の機能については追加のハードウェアが必要です。

「皆さんが、使っても全く問題無いレベルになるまでには、まだ1年ぐらいはかかりますよ」という意味なのではないかと思います。その間に不意にアップグレードが走ってしまった人たちなどから不具合報告を受けてより完成度が高くなっていくという、いつもの方法ですね。

アップグレードツールのダウンロードにたどり着けない

それは良いとして、私の様にWindowsUpdateで落ちてくるのを待たずに、先に積極的にアップグレードしたい人へのリンクは、このWindows11の紹介サイトからは見つけられません。

「良くある質問」を探しても、どんなパソコンがアップグレード出来るかなどアップグレードの注意点が載っているだけで、実際のツールのダウンロードリンク等は探せませんでした。

仕方が無いので、Google先生に 実際にアップグレードをやった人の紹介ページから飛んで出来たのがこちらでした。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

ここから、「今すぐダウンロード」をクリックして実行ファイルをダウンロードします。
Windows11に対応しているPCかどうかのチェックは行ったうえでダウンロードして下さい。
チェックの詳しい方法は以前の投稿を参照下さい。他の方も沢山書かれているのであえて書きません。

この実行ファイルは、更新プログラム本体ではないので直ぐにダウンロード出来ました。
本体の方はダウンロードが約6分(わりと速いマシンで)かかりました。
その後、インストールを始めて再起動後にWindows11の画面が表示されるまでにちょうど1時間かかりました。今までのアップグレードと思えばかなり早い方ですかね。

このマイクロソフトのサイトの造りを見て思ったこと

「新しいOSが出ました」「無料でアップグレード出来ます」とニュースになっているので、さぞかしスムーズにアップグレードのツールへ案内してくれるのかと思いきや、全然その紹介ページから探せないんです。
Windows11のホームページからは、旧OSが入ったPCの在庫処分のページにしか行けないのです。

つまり、そういうこと?「まだ新OSとしてアップグレードされちゃうと色々と不具合出そうだから、自分のPCをアップグレードするんじゃなくて、余ってるWindows10が入っちゃってる安全なやつをアップグレードしてね」という事なんじゃないかと。

マイクロソフトとしては、よくわからん古いマシンはアップグレードさせたくないのではないかと思いました。

Windows11で、何が変わったのか

新しくなったなったと言うてますが、実際何が変わったのかと。

スタートメニューが左端から真ん中になったとか
TPM2.0でセキュリティが上がったとか
コンパネにあった機能が「設定」の方に少し移ったとか
ロック画面がiPhone風になったとか
仮想デスクトップが複雑になったとか
Internet Explorer11が無くなるとか
Windowsストアにフォトショ・イラレが出るようになるとか

正直、私にとってはニンテンドーからSwitch Lightが出たぐらいの感覚でしか無いです。

今までのアップグレードは、造りが大きく変わる事で使えなくなるソフトが出てきたり、BIOSから自分で変えないといけなかったりとかなりインパクトがあるものでしたが、今回のは完全に拍子抜けでした。

社内標準のツールも何も問題無く動作しています。
あえて言うならば、スタートメニューが真ん中になって慣れないってのと、ウィンドウの角が丸くなったなというぐらい。

カーネル番号

Windowsにはカーネル番号というものを持っていて、歴代OSが変わるとこの番号も変わってきました。
カーネルとはOSの中核となるプログラムでハードやソフトの架け橋となるものです。

OSが変わったという事でカーネル番号を調べてみると
左画像がWindows10で右画像がWindows11です。

なんと、メジャーバージョンは「10」なのです。
もうこれWindows10じゃん!

まとめ

Windows11が何も変わっていないかと言えば変わっているのでしょう。
でも使う側からすれば、IE11が無くなってメニューが真ん中に来て角が丸くなった 程度です。

正直、OSとしてバージョンを上げるまでも無く従来通りの大幅アップデートで良かったじゃんと痛切に思います。マイクロソフトのやり方から透けて見えるのは、やはり低スペックマシンの排除とハードの買替による売り上げアップなのかと。

Windows10は最後のOSと言っていたはずなのに。ねぇマイクロソフトさん。